突然のメールで始まった私の同級生ダブル不倫の顛末記

私を捨てるつもりですか?

いきなり会社のパソコンに届いたメール。『私を捨てるつもりですか?』。自分には全く心当たりがありませんでしたので、一瞬戸惑いましたが、気持ちを落ち着けて送り主を確かめると、先日久しぶりの同窓会で会った中学校時代の元同級生でした。いったいどういうつもりなのか確かめようと、早速返信しました。彼女は悪びれもせず、『ちょっとふざけて気を引こうとしただけだよ』と言ってきました。遊び心からとは言え、まんまと作戦にひっかかってしまった訳です。これをきっかけに、何度かのやり取りの後、その時はあまり深く考えずに、どちらからともなく二人で会おうということになりました。

お互いの事情

実は学生時代も同窓会でも彼女とはあまり話をしたことがありませんでしたが、住んでいる場所が近いことは名簿を見てわかっていました。近くの居酒屋で待ち合わせをして、飲みながら会話をしていくうちに、酒が進んだこともあって、だんだんと話の中身が濃くなり、彼女が夫の浮気で悩んでいると打ち明けてきました。正直、興味がありましたので、相談にのるという口実の下、何度か会って食事をしながら話を聞きました。もちろん真剣にアドバイスをしましたが、相手は人妻であり、他の人が知らない弱みを握っているという立場に少なからず興奮をおぼえました。だんだんと打ち解けていくにつれて、少しずつお互いの距離が縮まり、最終的には男女の関係になりました。当時はたまたま単身赴任で家族と離れていたため、私自身も寂しい思いがあり、罪悪感はあまりなかったと記憶しています。彼女は彼女で夫とのことを忘れるために受け入れたのだと思います。ずるい考えかもしれませんが、私はのめり込むことがないように自分に言い聞かせていましたし、彼女もそこはわきまえているようでした。当然、私は自分の家庭を壊すつもりはありませんでしたし、彼女も夫に対して、不利になるような状況は望んではいませんでしたので、幸か不幸か燃え上がるような関係にはなりませんでした。お互いの事情を踏まえて、細心の注意を払っての割りきった関係として、しばらく続いたのです。

今思うことは

そうこうするうちに、彼女は紆余曲折を経て、正式に夫と離婚したのですが、その頃からだんだんと二人で会うことはなくなり、関係はいつしか終わってしまいました。彼女が私にどこまでの思いを持っていたのかはわかりませんが、元夫とのごたごたの中で、気持ちの支えを求めていたのは間違いないと思います。そして、私もそれに応えてあげたいという気持ちがあったのも事実なのです。だからこそ、会う必要がなくなるにつれて、自然消滅したのです。ただ、ダブル不倫でお互い様という関係性と結果的に誰も傷つけてはいないという勝手な思いから、今でもあれはありだったのではないかと考えています。決していい不倫があると主張するつもりはありません。ダブル不倫だから問題ないと言うつもりもありません。ただ、少しだけ先に出会って結婚しているというだけで、配偶者以外との関係を一切否定したり、ひと度不倫をしたら、その人の全てを否定的に見る昨今の風潮はいかがなものかと申し上げたいのです。

さらにその後

彼女はその後シングルマザーとして立派にお子さんを育て上げました。私も自らの家庭を守って、今は孫にも恵まれて平和に暮らしています。少なくとも彼女にとってはあの体験が立ち直りのきっかけになったと信じています。同窓会で顔を合わせても、特に違和感なく、普通に接しています。もしかしたら私たちが特異なのかもしれません。もっとよい解決法があったのかもしれません。しかし、こんなご時世だからこそのお願いです。本当に例外なく全ての不倫が悪なのか。「ダメなものはダメ」の一言で済ませてしまってよいのか。世論にただ乗っかるのではなく、もう一度ご自身で考えてみていただきたいのです。

同級生との ダブル不倫をしたくなる理由に付いて

“不倫というのは、してはいけないこととわかっているものの、やっぱりしてしまうことがあります。その中でも、最も不倫をしやすくなるのは、同窓会などの状況の時です。同窓会で久しぶりに会うことにより、違う感情を持つことができるのです。その時、ダブル不倫を起こしてしまうことがあります。ここでは、同級生とのダブル不倫をしたくなる理由についてご紹介します。

憧れの人と再会する

不倫を起越してしまうのは、やっぱり好きな人と起こしてしまうことが多いですね。たまたま起こしてしまったということもありますが、圧倒的に多いのはやっぱり好きな人と不倫をしてしまうことです。以前に好きだった人も、その一人となります。学生のときに好きだった人で、付き合ったことがある場合は尚更です。付き合ったことがない場合でも、憧れていたという人とあったときにはその懐かしいドキドキする気持ちが蘇ることでしょう。そして相手の人もその気持ちになったときには、自分の気持ちを止めることができません。学生の時の思い出というのは、現在の生活の中で封印をしてしまうことが多いですね。その結果、封印を解き放された時に一気に感情が爆発をしてしまうことがあります。その爆発をしてしまうのが不倫ということになってしまいます。
その同窓会のときは、かなり時間が経ってから行われることが多いのですが、その気持ちは色褪せることがありません。美しい記憶として、自分の中で持ち続けることになります。そしてお互いに結婚をしている年代であることが多いので、ダブル不倫となってしまいます。

以前と変わらない気持ちがある

付き合ってドロドロとした別れ方とすることがありますね。その場合は、二度と会いたくないと思うこともあるでしょう。会うことがあったとしても、友人のような関係になることが多いです。その点、同級生の場合は懐かしい話で盛り上がりもっとは話をしたいと思うようになります。お互いの離れていた時間を愛おしく感じるのです。その時代は、美しい時間となっているんですね。そこで、以前に嫌な別れ方をしていたとしてもリセットされるのです。そして、以前のように付き合いたいと思う気持ちになることがあります。
その時、同級生ということから安心して付き合うと言う選択をすることになるのです。知らないもの同士だったら、躊躇をしてしまうことでしょう。ところがそんな事なく、安心感を持つことができるので、そこで緩みが出てしまいます。緩んだ感情でそのまま不倫をしてはいけないとわかっているものの突っ走ってしまうことがあります。

自分を認めてもらいたい気持ちがある

同窓会などの場合は、自分はそのままの若い時の感情に戻ることができるのです。ところが、その場所を離れてしまうと年を取った自分に戻ることになります。年を感じるさせられる場面に戻ることになるのです。特に女性の場合は,そんな気持ちになるのは慣れているもののやっぱり若い自分に戻ることができると楽しい時間を過ごすことができます。若い時の自分のことを、認めてもらえる場面でもあるのです。そして気持ちが良くなり、そのまま不倫をしてしまうことがあります。
してはいけないことがわかっているのですが、普段に感じたことがない女性として認めてもらうことができた、男性として認めてもらうことができた気持ちはとても心地がいのです。そのような気持ちにさせてくれる人と、また逢いたいと思うのは当然の事ですね。

いかがでしたか?ダブル不倫は、いろいろなところで起きることがあります。そしてそれは、決して他人事ではありません。自分を認めてくれて異性としてドキドキできるなら私もしてみたいと思う感情は必ずあるのです。そして自分がダブル不倫をしているとき、異性として輝いているので自分で自分にびっくりすることがあります。不倫はいけない事ですが、誰でも起こす可能性があることは間違いありません。

自分の愛している夫とか妻に異性に関連するサインが見つかる

 

「妻とは心が通い合っているはず!疑いたくない」「自分の妻が浮気をしているだなんてことはあり得ない」そう考えている方が大抵のはずです。それなのに実際には、浮気をする女性がどんどん増えているのです。
仮に妻による不倫による離婚だとしても、結婚生活中に形成した動産、不動産などの財産の二分の一というのは妻のもの。このため、別れるきっかけになった浮気をした方だから財産をもらえないなんてわけじゃありません。
なんと料金不要で法律のことや一括でのお見積りとか、一人で抱えている個人的なお悩みについて、経験豊かで信頼できる弁護士に直接質問することだってできるわけです。あなたの不倫問題に関するトラブルや悩みを解決してはいかがでしょうか。
詳細な料金メニューを広くウェブサイトで掲載中の探偵事務所に頼むのであれば、なんとなくの目安料金ならわかるだろうと思いますが、具体的な金額についての計算は無理なのです。
お願いするほうがいいの?費用の平均ってどれくらいなの?調査期間は?決心して不倫調査の依頼をしたとしても、証拠がつかめない場合は立ち直れないかも。ああだこうだと躊躇うのも普通のことなんです。
どうやって使うのかについてはいろいろだけど、調査している相手のショッピングの中身や廃棄されたものというふうに、素行調査によって予測を大幅に超えたものすごいデータを把握することが出来ちゃうんです。
複雑な浮気調査だとか素行調査をする際は、瞬間的な判断によって成功があり、調査の失敗を発生させません。顔見知りの人間について調べるということなので、相手に覚られることない慎重な調査が不可欠です。
疑惑があっても夫の行動を調査する際に、あなたや夫の周辺の友達や親兄弟たちに助けてもらうのはやってはいけないのです。妻であるあなたが夫に向き合って直接、浮気の事実があるのかないのかを確かめなくてはいけません。
パートナーの不倫の影響で離婚しそうな大ピンチの方は、一番にパートナーとの関係修復をしてください。何のアクションもせずに月日が流れると、関係が今以上に悪くなるばかりです。
いわゆる不倫問題のときに必要な弁護士費用は、払ってもらいたい慰謝料の請求額をどうするかによって違ってくる仕組みになっています。先方に請求する慰謝料が高額であると、弁護士に支払う費用として必要な着手金も上がるというわけです。
自分の愛している夫とか妻に異性に関連するサインが見つかると、もちろん不倫かな?なんて心配になるものです。そうしたときには、誰にも相談せずに悩み続けるんじゃなくて、技術のある探偵に不倫調査してもらって真実を知るのが一番ではないでしょうか。
基本料金ですと説明しているのは、必ず支払わなければいけない額であって、基本料金にプラスして支払い費用になるわけです。素行調査のターゲットとなった方の現在の住宅の状態とか仕事内容、利用する交通手段によってかかる費用が違うので、同じ料金にはなりません。
苦しい気持ちを取り除くために、「自分の配偶者が浮気中なのかそうじゃないのかについて本当のことを知りたい」という望みを持っている場合に不倫調査をお願いするのです。夫や妻への疑惑をなくすことができない場合も珍しくないのです。
夫婦であったものが離婚した場合、そこから時効となっている3年が過ぎると、通常は慰謝料について要求できなくなってしまいます。ということなので、仮に時効の完成が来ようとしているのであれば、ためらわずにお早めに弁護士事務所に依頼したほうがよいでしょう。
今からのあなたの人生を輝かしいものにするためにも、他の男と妻が浮気中であることを疑ったら、すぐに「冷静に判断に基づいたアクションをする。」その一つ一つが苦しんでいる浮気問題を片付ける手段にきっとなることでしょう。

東京都の口コミで評判のいい探偵事務所・興信所一覧【探偵料金の相場】>>

これまで決して浮気の経験がゼロの夫に浮気があったということ

ご自分の夫または妻、つまり配偶者に自分以外の異性の痕跡が残っていたら、もちろん不倫しているの?と考えることでしょう。耐えられなくなったら、あなた一人で苦しまずに、探偵や興信所で不倫調査をやってもらって結果を出すのが賢いやり方です。
なによりも夫の浮気を察知したときに、最もポイントを置くべきなのはあなた自身の考えであるのは確実です。謝罪を受け入れるのか、別れを決断して別の道を進むのか。落ち着いて考えて、後から悔やむことのない選択を心掛けましょう。
申し込んだ浮気調査を遂行して、「確実な浮気の証拠を集め終えたらそれで終わり」といった関係じゃなく、離婚のための相談あるいは和解するために必要な助言や提案もする探偵社のほうがいいと思います。
依頼する、しない、どっちが正解?支払う費用は?調査はだいたい何日間?わざわざ不倫調査をやっても、はっきりしなかったらいったいどうなってしまうの?あれやこれや悩みが尽きないのはやむを得ないことです。
単純に「調査員のレベルの高さや最新の機器を使っているか」といった材料のみで浮気調査は決まるんです。調査を行う担当者のレベルの客観的な把握はできないわけですが、いかほどの機材を保有しているかということは、しっかりと確認できるのです。
これまで決して浮気の経験がゼロの夫に浮気があったということであれば、心理的なショックが相当大きく、先方も遊びでないと、最終的に離婚するケースは珍しくなくなってきました。
女性の第六感というものは、相当的中するらしく、女性によって探偵事務所に依頼があった浮気や不倫トラブルでの素行調査の内、8割以上が予感通りだと言われています。
自分の夫が浮気を本当にしているか否かを知りたければ、月々のクレジットカード会社からの利用明細、銀行ATMなどでの現金引き出し日時、スマートフォンや携帯電話による通話について連絡先や通話時間などを確認していけば、簡単に証拠が手に入ります。
向こうに怪しまれずに、警戒しながら尾行などの調査をしなければ確実に失敗します。あまりにも安い料金となっている探偵社を選択して、とんでもない大失敗を犯すことだけは回避しなければいけません。
自分一人での浮気調査っていうのは、調査に使うお金のスリム化が可能だと思われます。しかし調査全体の品質が低水準なので、非常に察知されてしまうといった不安があるのです。
時給については、探偵社がそれぞれ決めるので大きな違いがあるものなのです。だが、料金を見ただけでは探偵の技術や能力などが十分かどうかについては見極められません。何社も聞いて比べるのも不可欠であることを忘れずに
なかでも浮気調査・素行調査に関しては、迷わず決断する能力をすることで好結果につながり、取り返しがつかない最悪の状況を発生させません。関係が深い相手の周辺を調べるってことなんだから、用心深い調査を行わなければなりません。
実際に浮気調査を考えているなんて人は、必要な料金の高い安い以外に、浮気調査の技術という点についても比較検討しておくことがポイントになります。調査力に劣る探偵社の場合は依頼しても、料金を捨ててしまったも同然なのです。
重要な不倫調査については、専門の探偵がいる興信所などで相談するのが最もいい方法です。慰謝料の額にこだわりたい、離婚に向けて裁判するつもりでいるという状況なら、間違いのない証拠があるとないとでは大違いなので、なおさらだと言えます。
加害者である浮気相手に対して、精神的苦痛を受けたとして慰謝料として損害賠償請求することにする方を見かけることが多くなっています。被害者が妻の場合だと、夫と不倫関係にある人物に対し「請求するのは当然」という状況になっているのです。